温熱療法をもっと身近に

保健診療でも認められている温熱療法(ハイパーサーミア)はがん細胞が熱に弱いという特性を利用したがん治療法です。
ハイパーサーミアより1℃~2℃低く加温するマイルド・ハイパーサーミアという治療法もあります。
温熱療法は基本的にはがん治療の一環として行いますが、まだがんに罹患していない方も身体を加温することは大切です。
それは、深部体温(身体の表面温度ではなく、身体の内部の温度)が低い人は免疫の働きが低い傾向にあり、がんのリスクも高くなると考えられるからです。
当協会では、通常の温熱療法(通院治療)の他にも効果的に身体の深部を加温できる方法を温熱療法と考え、がん治療のサポートや生活習慣病などの予防にも温熱療法を推奨しています。

温熱療法(ハイパーサーミア)

がんに罹患した多くの人は低体温だったという話を聞いたことは無いでしょうか。
すべてのがん患者さんがそうではありませんが、低体温の方はそうでない方よりがんのリスクも高まります。
体温が低いということはそれだけ自己免疫が低くなってしまっているということです。
また、がん細胞は42.5℃以上になると死滅します。そしてこの温度では正常な細胞は傷つきません。
つまり、がん細胞を高温で加温することができればがん細胞は死滅するということです。
これがハイパーサーミアの原理です。

マイルド・ハイパーサーミア

体温より少し高い41℃程度の温度でもがん病巣を加温すると、放射線や抗がん剤の効果を増強することができます。
通常のハイパーサーミアより低い温度で行うのでマイルド・ハイパーサーミアと呼ばれます。
例えば放射線治療との併用では、通常は放射線が効きにくいがんでも腫瘍抑制効果を得られ、副作用を減らすという効果を期待できます。
抗がん剤との併用では加温により抗がん剤の腫瘍組織への移行が1.5~5.2倍に増加するとされています。
また、抗がん剤を効かなくさせる物質の分泌を抑えたり、腫瘍に栄養を送る新生血管ができるのを抑える効果も報告されています。

遠赤外線温熱療法

ハイパーサーミアもマイルド・ハイパーサーミアも体内をかなり高温にする必要があり、通院して行う治療です。
しかしながら、がんを克服するには多くの時間を過ごす自宅でのケアがとても大切です。
自宅でどう過ごすかによって治療の明暗が分かれることもあるかもしれません。
つまり「自宅で免疫力を上げることを心がける」ことがとても大切なのです。
そこで当協会が推奨するのが『低加温ながらしっかりと体内を加温すること』です。
なかでも、遠赤外線は身体の深部を加温することが可能ですので、家庭用の遠赤外線加温機などを使用し基礎体温を上げれば、自宅でも温熱療法のように免疫力を高めることが期待できます。

お気軽にお問い合わせください。03-6276-1262受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ